menu
閉じる
  1. 一緒にエイジングケアしませんか?いくつになってもきれいでいたい
閉じる
閉じる
  1. DUOザ クレンジングバーム エイジングケアは落とすことから始まります…
  2. ヘアエイジングケアから女性向け育毛剤について
  3. エイジングケアシャンプーとは
  4. 頭皮ケアでエイジングケアもできる 頭皮のケアで顔のたるみ予防に
  5. 頭皮のエイジングケア 頭皮とたるみの関係
  6. エイジングのサイン 人はどこで、年齢をみているのか?
  7. 敏感肌は加齢で悪化するのか
  8. 敏感肌のエイジングケア~エイジングが進む原因
  9. 敏感肌のエイジング 敏感肌は老化が早い?早めのエイジングケアを
  10. エイジングケアとクレンジング 避けたいタイプ
閉じる

エイジングとエイジング化粧品サイト

ミルククレンジングは肌に優しいものが多いけど、汚れが残りがちに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乳液タイプのミルククレンジングは、メイク落としの中でも肌へのダメージが比較的少ないものです。

そのため、年齢を重ねた肌や、敏感肌、乾燥肌の人には好まれます。

乳液タイプになっていることから、肌を摩擦するダメージを軽減することができる上に、うるおいを残すことができます。

オイルやクリームに比べてヌルヌルしないので、ダブル洗顔が不要なミルククレンジングもあります。

良い点をあげてみると、ミルククレンジングはエイジングケアに興味のある世代には最適な気がしますよね。
しかし、良い点ばかりではないのです。

ミルクタイプは肌へのダメージが少ないことを重視していることが多いためなのか、メイク汚れが落ちにくいという欠点があるんです。

いくらお肌をやさしくいたわってくれても、メイクを落とす目的なので汚れが落ちないのは困ります。

そして鉱物油や界面活性剤に化学成分を使用しているミルククレンジングの場合は、オイルクレンジングよりも強い洗浄成分を使っていることもあるため、ミルクタイプがエイジングに最適と言い切れない面もあるのです。

乳液にするためには、水分と油分を乳化させる必要があるため、乳化剤の使用も気になります
細かくチェックしていくと、ミルククレンジングにも少しは欠点が出てくるのです。

肌荒れや乾燥肌が気になっている時には、負担の少ないメイク落としを使いたいと思いますので、しっかりメイクを避けて、マイルドなミルククレンジングでも落とせるようにしてみましょう。

関連記事

  1. リキッド(ジェル)クレンジング 肌に負担をかけるものもあるので美…

  2. オイルクレンジングはなんのオイルを使っているかが大事

  3. エイジングのためのクレンジング選び

  4. DUOクレンジングバーム3

    DUOザ クレンジングバーム エイジングケアは落とすことから始ま…

  5. エイジングケアとクレンジング 避けたいタイプ

おすすめ記事

  1. 一緒にエイジングケアしませんか?いくつになってもきれいでいたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る