menu
閉じる
  1. 一緒にエイジングケアしませんか?いくつになってもきれいでいたい
閉じる
閉じる
  1. DUOザ クレンジングバーム エイジングケアは落とすことから始まります…
  2. ヘアエイジングケアから女性向け育毛剤について
  3. エイジングケアシャンプーとは
  4. 頭皮ケアでエイジングケアもできる 頭皮のケアで顔のたるみ予防に
  5. 頭皮のエイジングケア 頭皮とたるみの関係
  6. エイジングのサイン 人はどこで、年齢をみているのか?
  7. 敏感肌は加齢で悪化するのか
  8. 敏感肌のエイジングケア~エイジングが進む原因
  9. 敏感肌のエイジング 敏感肌は老化が早い?早めのエイジングケアを
  10. エイジングケアとクレンジング 避けたいタイプ
閉じる

エイジングとエイジング化粧品サイト

エイジングケア化粧品の成分 コエンザイムQ10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コエンザイムQ10ユビキノン)は
エイジングケア成分として
サプリメントや化粧品に
配合されることがあります。

名前は聞いたことがあるけれど、
コエンザイムQ10はどのような効果を
持っている成分なのか

よくわかっていない人もいるかも
知れません。

コエンザイムQ10は補酵素という
働きをするものです。

もともとは身体の中にあるもので、
食べ物からも少しずつ補うことはできます。

コエンザイムQ10は体内でどんな働きを
するか知ると、ちょっと驚きます。

私たちの細胞に重要なかかわりがあり、
コエンザイムQ10が少なくなると、
細胞が活発に働かなくなるんです。

エネルギーを生産するスイッチを
入れる
ことがコエンザイムQ10
大きな役割なんです。

この頃流行りの酵素の働きも、コエンザイムQ10
がスイッチを入れないと上手く働かないのです。

しかしコエンザイムQ10は年齢とともに
減少してしまうので、年齢を重ねると
活力が湧かなくなることを感じるようになるんです。

肌にもコエンザイムQ10の働きは重要です。

もともとコエンザイムQ10は肌には
ほんの少しの量でも十分な働きを
しているのですが、

心臓や脳など、他の部分に必要な
コエンザイムQ10が不足すると肌にある
ほんの少しにコエンザイムQ10もなくなって
しまいます。

エイジングケアの主役ではありませんが、
脇役としてはかなり重要なスポットにある成分です。

関連記事

  1. エイジングケア化粧品の成分 ビタミンA(レチノール)

  2. エイジングケア化粧品の成分~ヒアルロン酸

  3. エイジングケア化粧品の成分 アスタキサンチン

  4. エイジングケア化粧品に含まれる成分

  5. エイジングケア化粧品の成分 EGF

  6. エイジングケア化粧品の成分~エラスチン

おすすめ記事

  1. 一緒にエイジングケアしませんか?いくつになってもきれいでいたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る