menu
閉じる
  1. 一緒にエイジングケアしませんか?いくつになってもきれいでいたい
閉じる
閉じる
  1. DUOザ クレンジングバーム エイジングケアは落とすことから始まります…
  2. ヘアエイジングケアから女性向け育毛剤について
  3. エイジングケアシャンプーとは
  4. 頭皮ケアでエイジングケアもできる 頭皮のケアで顔のたるみ予防に
  5. 頭皮のエイジングケア 頭皮とたるみの関係
  6. エイジングのサイン 人はどこで、年齢をみているのか?
  7. 敏感肌は加齢で悪化するのか
  8. 敏感肌のエイジングケア~エイジングが進む原因
  9. 敏感肌のエイジング 敏感肌は老化が早い?早めのエイジングケアを
  10. エイジングケアとクレンジング 避けたいタイプ
閉じる

エイジングとエイジング化粧品サイト

エイジングケア化粧品の成分 EGF

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エイジングケア化粧品の成分のEGFとは?

年齢肌対策の化粧品に興味のある人なら
一度は目にしたことがあると思いますが、

それほどEGFのエイジングケア効果は注目されています。

そもそもEGFってどんなものなの?
とシンプルな疑問もあると思います。

EGFとは

EGFは上皮成長因子というアミノ酸から
形成されているたんぱく質の仲間です。

細胞が成長するためや、細胞の機能を支えるための
役割を持っています。

このEGFの研究結果を発表した博士は、
ノーベル賞を受賞しています。

化粧品分野に使用されるまでは、
医療現場で使われてきました。

細胞の成長促進による効果から、
火傷や傷の肌の再生に役立てられていたのです。

化粧品分野に使用されるようになったのは
2005年に厚生労働省に認可されてからなので、

日本国内ではまた歴史は浅いのですが、
美容効果の高さは大変な注目を浴びて、

現在もエイジングケア化粧品に配合される時には主役級の扱いをされます。

具体的なエイジングケア効果としては、
火傷や傷の治療に役立てられてきたことからも
想像できると思いますが、

皮膚の再生を促進することで老化による
ターンオーバーの遅れを改善して若さを維持することです。

肌の新陳代謝周期であるターンオーバーは
28日くらいが平均と言われていますが、
年齢とともに徐々にターンオーバーの間隔が
長くなってしまいます。

その結果、古い角質が居座ってしまうので
肌はフレッシュさを失ってしまうのです。

EGFのエイジングケア効果をさらに高める研究も
進んでいるので、今後ますます注目の成分となるでしょう。

関連記事

  1. エイジングケア化粧品の成分 プラセンタ

  2. ビタミンC誘導体のエイジングケア効果とは 肌にもビタミンCは必要…

  3. エイジングケア化粧品の成分 アスタキサンチン

  4. スペチアーレ3

    エイジングケア化粧品の効果とは

  5. エイジングケア化粧品に含まれる成分

  6. エイジングケア化粧品の成分~ヒアルロン酸

おすすめ記事

  1. 一緒にエイジングケアしませんか?いくつになってもきれいでいたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る