menu
閉じる
  1. 一緒にエイジングケアしませんか?いくつになってもきれいでいたい
閉じる
閉じる
  1. DUOザ クレンジングバーム エイジングケアは落とすことから始まります…
  2. ヘアエイジングケアから女性向け育毛剤について
  3. エイジングケアシャンプーとは
  4. 頭皮ケアでエイジングケアもできる 頭皮のケアで顔のたるみ予防に
  5. 頭皮のエイジングケア 頭皮とたるみの関係
  6. エイジングのサイン 人はどこで、年齢をみているのか?
  7. 敏感肌は加齢で悪化するのか
  8. 敏感肌のエイジングケア~エイジングが進む原因
  9. 敏感肌のエイジング 敏感肌は老化が早い?早めのエイジングケアを
  10. エイジングケアとクレンジング 避けたいタイプ
閉じる

エイジングとエイジング化粧品サイト

エイジングケア化粧品の成分 フラーレン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エイジングケアの効果が高いことが
最近知られるようになったフラーレン

フラーレンは発見者がノーベル賞を受賞したほどの
素晴らしい成分です。

色々な効果のあるフラーレンですが、
もっとも注目すべき点は「抗酸化」です。

抗酸化という言葉はこの頃では
健康や美容の中心となってきました。

活性酸素によるカラダの酸化は、
老化の一番の原因になるとして、
活性酸素の除去が重要だからです。

フラーレンの抗酸化パワーはすごいもので、
ビタミンCの172倍もあります。

抗酸化作用のある美容成分の中でも、
非常にレベルが高いのです。

ビタミンCも抗酸化パワーはありますが、
ビタミンCは安定しないことが弱点なので、

化粧品に配合されているビタミンCでは
抗酸化の効果が持続しないのです。

しかしフラーレンの抗酸化パワーは安定しているので
変質しにくく、

しかも持続性も高いので化粧品に配合する
抗酸化成分としてはかなり理想的なものです。

低刺激であることもフラーレンの
特長なので、敏感肌のエイジングケアには
最適です。

活性酸素の発生によるシミやシワの改善に
役立つ成分として、高い効果を実感するためには
フラーレンを一定量以上配合している化粧品を
使用する必要があります。

フラーレンの規定値以上配合の化粧品には
認定マーク(サッカーボールのようなマーク)が
ある
ので選ぶ時に基準になります。

エステサロンや美容クリニックでは、
フラーレンを使ったエイジングケアが
盛んに行われています。

関連記事

  1. エイジングケア化粧品の成分~エラスチン

  2. エイジングケア化粧品の成分~ヒアルロン酸

  3. スペチアーレ3

    エイジングケア化粧品の効果とは

  4. ビタミンC誘導体のエイジングケア効果とは 肌にもビタミンCは必要…

  5. エイジングケア化粧品の成分 アスタキサンチン

  6. エイジングケア化粧品の成分 EGF

おすすめ記事

  1. 一緒にエイジングケアしませんか?いくつになってもきれいでいたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る