menu
閉じる
  1. 一緒にエイジングケアしませんか?いくつになってもきれいでいたい
閉じる
閉じる
  1. DUOザ クレンジングバーム エイジングケアは落とすことから始まります…
  2. ヘアエイジングケアから女性向け育毛剤について
  3. エイジングケアシャンプーとは
  4. 頭皮ケアでエイジングケアもできる 頭皮のケアで顔のたるみ予防に
  5. 頭皮のエイジングケア 頭皮とたるみの関係
  6. エイジングのサイン 人はどこで、年齢をみているのか?
  7. 敏感肌は加齢で悪化するのか
  8. 敏感肌のエイジングケア~エイジングが進む原因
  9. 敏感肌のエイジング 敏感肌は老化が早い?早めのエイジングケアを
  10. エイジングケアとクレンジング 避けたいタイプ
閉じる

エイジングとエイジング化粧品サイト

エイジングケア化粧品の成分 ビタミンA(レチノール)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

しわは年齢を感じさせる肌の老化として
一番目立つものです。

どっと老けさせて見えるので、しわは大敵です。

エイジングケア化粧品にはしわ対策の成分として

レチノールという成分が配合されて
いることがあります。

これはビタミンAの一種で、
しわ予防に効果があるのです。

ビタミンA誘導体という呼び方をすることもあります。

レチノールのしわへの効果は素晴らしいものがあります。

まずは皮膚細胞に浸透するとレチノールは
DNAを刺激するのです。

そして表皮細胞の新陳代謝を促進することで
肌にハリを取り戻します。

具体的には、レチノールがコラーゲンとエラスチンの
生成を促進することも弾力のある肌に導く効果として
あげられます。

皮膚が再生するリズムのことをターンオーバーと
言いますが、ターンオーバーの促進と
ハリのもとになるものを作り出す
サポートをするので、

レチノールはしわ対策になるのです。

しわには二つの種類があり、笑った時にできるしわが
深くなるようなしわは簡単には改善できませんが、

乾燥による小じわはレチノールによる
皮膚細胞の再生によって改善できる可能性があります。

皮膚が薄く、乾燥しやすい目元の小じわには
レチノールを配合したアイクリームを使うと
効果が期待できると思います。

乾燥を防ぐ保湿ケアと同時に行うことが
より一層効果を高めるでしょう。

関連記事

  1. エイジングケア化粧品の成分~ヒアルロン酸

  2. エイジングケア化粧品の成分 アスタキサンチン

  3. エイジングケア化粧品の成分~コラーゲン

  4. エイジングケア化粧品の成分 プラセンタ

  5. スペチアーレ3

    エイジングケア化粧品の効果とは

  6. エイジングケア化粧品の成分 EGF

おすすめ記事

  1. 一緒にエイジングケアしませんか?いくつになってもきれいでいたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る