menu
閉じる
  1. 一緒にエイジングケアしませんか?いくつになってもきれいでいたい
閉じる
閉じる
  1. DUOザ クレンジングバーム エイジングケアは落とすことから始まります…
  2. ヘアエイジングケアから女性向け育毛剤について
  3. エイジングケアシャンプーとは
  4. 頭皮ケアでエイジングケアもできる 頭皮のケアで顔のたるみ予防に
  5. 頭皮のエイジングケア 頭皮とたるみの関係
  6. エイジングのサイン 人はどこで、年齢をみているのか?
  7. 敏感肌は加齢で悪化するのか
  8. 敏感肌のエイジングケア~エイジングが進む原因
  9. 敏感肌のエイジング 敏感肌は老化が早い?早めのエイジングケアを
  10. エイジングケアとクレンジング 避けたいタイプ
閉じる

エイジングとエイジング化粧品サイト

エイジングケア化粧品の成分 アスタキサンチン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アスタキサンチンといえば、CMでよく見かける
あの化粧品を思い出します。

肌のハリをよみがえらせることで
注目されているアスタキサンチンは、
自然界に存在する赤い色素のことです。

化粧品ではエイジングケアへの効果は高い
抗酸化力のある成分です。

老化をすすめさせる活性酸素の
除去効果に優れているんです。

色素なのに抗酸化力に優れているなんて、
ちょっとピンと来ないと思うのですが、

このアスタキサンチンはただの色素ではない
スゴいパワーが秘められています。

この色素のパワーがどれほどなのか、
理解するためには鮭の例にするのが
わかりやすいようです。

鮭というのは私たち日本人には
おなじみの魚です。

川で生まれて海で育ち、また川に戻ってきて
産卵をして子孫を残します。

その鮭の一生にはアスタキサンチンが
欠かせないもの
なんです。

もともと鮭という魚は白身魚です。

いわゆるサーモンピンクの色に身が
色付くのは食べ物による影響なのですが、
その食べ物に含まれるアスタキサンチンが
鮭を赤くするのです。

アスタキサンチンによって疲労を回復する
パワーが優れているので、鮭は流れに
逆らって激流を戻っていけるのです。

アスタキサンチンといえばこの化粧品



関連記事

  1. エイジングケア化粧品の成分 コエンザイムQ10

  2. エイジングケア化粧品の成分~ヒアルロン酸

  3. エイジングケア化粧品に含まれる成分

  4. エイジングケア化粧品の成分 プラセンタ

  5. エイジングケア化粧品の成分~コラーゲン

  6. エイジングケア化粧品の成分 フラーレン

おすすめ記事

  1. 一緒にエイジングケアしませんか?いくつになってもきれいでいたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る