menu
閉じる
  1. 一緒にエイジングケアしませんか?いくつになってもきれいでいたい
閉じる
閉じる
  1. DUOザ クレンジングバーム エイジングケアは落とすことから始まります…
  2. ヘアエイジングケアから女性向け育毛剤について
  3. エイジングケアシャンプーとは
  4. 頭皮ケアでエイジングケアもできる 頭皮のケアで顔のたるみ予防に
  5. 頭皮のエイジングケア 頭皮とたるみの関係
  6. エイジングのサイン 人はどこで、年齢をみているのか?
  7. 敏感肌は加齢で悪化するのか
  8. 敏感肌のエイジングケア~エイジングが進む原因
  9. 敏感肌のエイジング 敏感肌は老化が早い?早めのエイジングケアを
  10. エイジングケアとクレンジング 避けたいタイプ
閉じる

エイジングとエイジング化粧品サイト

エイジングケアシャンプーとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お肌同様に老けたイメージを決定付けるのが髪です。
・ボリュームがなくてすぐにペタンとしてしまう
・白髪が増えてきて白髪染で髪が痛んでバサバサ
・分け目が目立つようになった
このようなエイジングの症状が出て来たら、
本格的に頭皮と髪のエイジングを始めた方が良いでしょう。
頭皮と髪のエイジングケアには、使用している
シャンプーを見直してみることです。
残念ながら、市販されているシャンプーの
ほとんどは頭皮と髪にダメージを与えるものばかりでした。
やっとこの数年で市販のシャンプーの成分による
ダメージが注目されるようになったので、
今からでもシャンプーを見直してみるのは
頭皮と髪のエイジングケアには大切なことだと思います。
そこで注意するポイントは、市販の
エイジングケアシャンプーの選び方です。
シャンプー後に髪をしっとりさせずに、ふわっとした
ボリュームを持たせるというような
エイジングケアシャンプーは本来のエイジングケアではありません。
本来のエイジングケアシャンプーというのは、
人間の肌に近いアミノ酸によってつくられているものです。
馬油のシャンプーなどが有名です。
馬の脂肪は人間の肌の脂質に似ているので
保湿の効果も高く、アミノ酸のバランスも優れています。
他にも、オリーブオイルやココナッツオイルなどを
使用したシャンプーにも石油系成分が
一切使用されていないものもあります。
数百円で購入できる市販のシャンプーとは違って、
価格は高くなりますが、頭皮と髪を若々しく
保つためには低コストで大量生産できるシャンプーでは難しいのです。

おすすめ記事

  1. 一緒にエイジングケアしませんか?いくつになってもきれいでいたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る